クラシックに合わせての掃除

クラッシクには掃除機が重要!?

クラシックに合わせて掃除なんて、普通の人が聞いたら不思議に思うかもしれません。しかしわたしの場合は、例えばアイネ・クライネ・ナハトムジークを聴きながらハタキをかけたり身の回りの整理整頓をするとノリノリになってしまいます。また、セレナータ・ノットゥルナを聴きながら掃除機をかけるととにかく掃除が捗る気がします。クラシックはもう切っても切れない縁かもしれません。

ただ、そうは言ってもあまり大音量で聞くこともできないので、掃除機自体が大きな音だとせっかくのクラシックの音がかき消されてしまうことがありました。最近シャープのEC-CT12-Cというサイクロン掃除機に買い換えたのですが、これがかなりの高性能です。コンパクトでサイクロン式のものを探していたのですが、値段も手頃で音もこれまで使っていた掃除機よりもかなり静かになった印象です。

リビングにはアビシニアンという猫がいつも一緒にいるのですが、これまでの掃除機だと何だかいやな顔をして、いつもどこかに行ってしまっていました。しかしながら、新しい掃除機に変えたら、クラシックを聴きながら掃除機の音にもあまり気を取られることなく優雅にくつろいでいます。新しい掃除機に買い換えて大正解でした。

そして次の物欲が・・

良い掃除機に巡りあえて掃除も楽しくなっていたのですが、やはり最近話題のルンバにはどうしても惹かれてしまいます。勝手に掃除をしてくれるのも魅力ですが、あの動き自体が何だかペットのような気持ちになります。

ぜひ近いうちにルンバを購入したいと思っています。とはいえ、他のメーカーからもいろいろとロボット掃除機が出ているので、ひと通り自動ロボット掃除機やルンバの比較をしてみたいとは思っています。

ざっと口コミを見ても、やはりルンバの評判がいいので、最後はルンバにしてしうと思うのですが・・。


since2005© クラシック音楽のアドバイス